お酒の買取は種類によってチェックポイントが違う

新着情報

種類別お酒の査定ポイント

お金

ブランデー・ウィスキー

ブランデーやウィスキーは、専用の箱や替栓と一緒に売られているものが多いのでこれらの付属品の有無は始めに確認されます。また、ブランデーの場合は「XO」や「VSOP」といった熟成期間を表す指標によって買取価格が大きく変わります。

シャンパン

シャンパンの種類には大きく分けて、「ヴィンテージ」と「ノンヴィンテージ」の2種類があります。ヴィンテージシャンパンはノンヴィンテージシャンパンに比べて高価買取されやすく、年号によって買取価格が上下します。

日本酒・焼酎

お米が原料である醸造酒の日本酒は、ものによっては賞味期限がついているものがあり、賞味期限が切れている日本酒は買取不可なので注意が必要です。日本酒はレアな銘柄が多く、それらの銘柄は高額な値段で買い取ってもらえます。東京でお酒買取をする前に賞味期限と銘柄は調べておきましょう。

お酒の買取方法について

お酒の買取業者は主に3つの方法でお酒の買取を行っています。それぞれに特徴があるので、自分に合った買取方法を選んで労力を使わずにお金をゲットしましょう。

お酒の買取方法の種類

出張買取

出張買取は、お酒の買取で一番活躍してくれる買取方法です。業者に問い合わせるとあなたの自宅まで査定スタッフが出張にきてくれます。その場で査定、現金の受け渡しが可能です。

宅配買取

宅配買取は、業者へ問い合わせをしたあとに専用のボックスにお酒を入れて、店舗まで配送する買取方法です。自分の好きなタイミングで配送することができるので精神的には一番楽です。

店頭買取

店頭買取は、最も主流の買取方法です。業者へ問い合わせをする必要もなくそのまま店頭へ売りたいお酒を持っていきます。店頭で査定を行いその場で現金をもらうことができます。

お酒の売り頃を知る

お酒の買取でも人気のものがブランデーとワインです。この2つは、売るタイミングが若干違います。ブランデーとワインの売り頃のタイミングを知っておきましょう。

ブランデーとワインの買取の違い

ブランデー

ブランデーは、お酒の中でも熟成する期間で価値が高まりやすいジャンルです。そのため、購入した時期から年数が経っていても高価買取されやすい傾向にあります。

ワイン

ワインは、年数が経つごとにつれて風味や味が変わってしまうお酒です。それぞれのワインにベストな飲み頃があります。しかし、ワインの場合は、ブランデーと違って味が変わる前に早めに売っておく方が高価買取されやすくなります。

ブランデーを売る

お酒の種類の中でも、買取価格が高価になりやすいブランデーですが、ブランドによっても買取価格は変わります。ブランデーの人気ブランドをチェックしておきましょう。

ブランデーブランド買取人気ランキング

no.1

カミュ

ブランデーブランド買取人気ランキング第一位に輝いたのは、カミュです。コニャックの名門とまでいわれるカミュのブランデーは、数あるブランデーの中でも積極的に買取してもらいやすいお酒です。

no.2

レミーマルタン

買取されやすいブランデーブランド第二位は、レミーマルタンです。280年以上の歴史をもつ老舗コニャックメーカーとして有名です。特にレミーマルタンの「ルイ13世」は圧倒的な人気を誇るお酒です。

no.3

ヘネシー

ブランデーブランド買取人気ランキング第三位は、ヘネシーです。お酒好きなら知らないものはいないコニャックの名門ブランドです。「ヘネシーXO」や「ヘネシーVSOP」は高額買取されやすい銘柄として人気です。

no.4

クルボアジェ

ヘネシーの次に買取されやすく値段も高くなりやすいブランドが、クルボアジェです。「クルボアジェ ナポレオン クールインペリアル」とよばれる銘柄はクルボアジェの中でも特に人気が高いとされています。

no.5

マーテル

ブランデーブランド買取人気ランキング第五位は、マーテルです。大手コニャックブランドとして有名です。貴族にも愛された上質なお酒を数多く販売しました。マーテルの古酒は買取業者も積極的に買取をしてくれます。

[PR]

お酒買取を申し込み
プロがすぐに査定してくれる フィギュアの買取なら専門店に頼もう
宅配サービスを提供中! 東京で酒買取の手続き
最高額を提示してくれる業者!

[PR]

広告募集中