売れやすいお酒|飲まないお酒は専門業者で高価買取してもらおう

買取してもらいやすいお酒と買取されにくいお酒の違い

新着情報

売れやすいお酒

貯金箱

高価買取されやすいお酒

高価買取されやすいお酒には2つの特徴があります。1つ目の特徴はプレミアがついているかどうかです。お酒は世界中で人気の飲み物でコレクターやファンも数えきれないほどいます。その需要から、お酒にはプレミアがつくものも多くあります。希少価値と需要が高いお酒は高価買取されやすくなります。お酒の面白いところは、腕時計やバッグと違って一度開封して飲むと無くなってしまうところです。そのため、出回っている本数が少ないお酒は開封されるたびに年々少なくなっていき、時間が経てば経つほど価値が高くなることがあります。当時販売されていた定価からは考えられない値段がつくことも珍しくはありません。高価買取されやすいお酒の2つ目の特徴は、腐りにくいお酒であるかどうかです。お酒は腐りにくいとよくいわれますが、種類によっては未開封でも味が劣化してしまうものもあります。保存状態が良いとほとんど劣化しないお酒の特徴はアルコール度が高いか、蒸留酒であるかどうかです。ブランデーやウィスキーは、アルコール度数も高く蒸留酒であるため、適切に保管していれば何年経っても状態が変わりません。そのため、買取業者も安心して買取を行うことができます。

高価買取されにくいお酒

高価買取されにくいお酒の特徴も2つで、先程の高価買取されやすいお酒と真逆です。1つ目の特徴が、プレミアがないことです。入手しようと思えばどこでも入手できてしまうお酒は高く買取されにくい傾向にあります。同じように多くの本数が出回っている、人気が少ないお酒も高価買取はされにくいでしょう。しかし、世界中では出回っているお酒でも、日本では手に入りにくく、海外でしか買えない場合だと高くなる可能性もあります。高価買取されにくいお酒の2つ目の特徴が劣化しやすいものであるということです。ブランデーやウィスキーはアルコール度数も高く、蒸留酒なので腐りにくいという特徴がありますが、反対にお米から作られている醸造酒である日本酒などは年数が経つごとに味や色が変化していきます。数年で飲めなくなるものもあるので、場合によっては未開封でも買取されないことがあり、注意が必要です。とはいうものの、お酒買取は専門のスタッフが査定しないかぎりはいくらの値で売ることができるか分かりません。まずは気軽に東京にあるお酒専門の買取業者で買取を依頼してみましょう。

お酒買取に関する疑問

開封されてても売ることができる?

残念ながら、基本的に開封されているお酒は買取対象にはなりません。そのためお酒を売りたい場合は、未開封であるかどうかを事前に確認しておきましょう。

空ボトルが売れることがある?

いくつかのお酒は空ボトルや木箱が売れることがあります。これは、お酒自体にプレミアがついていてボトルまで価値が上がっていたり、ボトル自体に特殊なデザインや素材が使われていて価値があったりするためです。

お酒買取に必要な書類はある?

ほとんどの買取業者では、身分証明書だけで買取を依頼することができます。パスポートや運転免許証など身分を証明できるものをあらかじめ準備しておきましょう。

箱がなくなっていても売れる?

箱がなくなっていても未開封のお酒ならば売ることができます。買取価格は少し下がりますが、お酒の価値によっては十分高い価格で買い取ってもらうことが可能です。

広告募集中